株式会社廣和/先進メディア/SEO
★初心者向けSEOとTOOL活用頁です。★リンクや登録サイトの活用で【初期のSEO対策が可能な構成】となっておりますが、inside要素(HPの生成記述に関する要素)についてはご依頼の各業者サイドが詳しいと思いますので、そちらへお尋ね頂くことをお勧めさせて頂きます。

   ★検索エンジン側の評価toolです。

★ネット媒体活用の基礎知識Ⅰ(outside)

『ご訪問頂き、真に有難うございます。』...(ΘΘ)ゞ

  • ★広告媒体の潮流が多様化する中、弊社の「対メデイアスタンス」は『ご縁の創造と利用者目線』ということです。
  • ★でか文字のキャッチコピーや「稼ぐ・儲かる・ノウハウ」などの定番コピーの並んだ「メール配信」とは、対極のスタンスでもあります。
  • ★「営業のポリシー」も「パブリシティ広告」や「顔と顔の見える個人的紹介」などの地道なものに軸足を置いて『創業以来47年間の信頼と実績の輪』を作って参りました。
  • ★いろいろな「メディア活用ノウハウ」と人の目を引く「デザインやキャッチコピー」は、業種的に大切なのですが、「基本理念」や「社是」は最も大切なものと考えております。
  • ★古今東西「カリスマ経営者」の発し続けた「ポリシー」から「外れた企業」は、「ノウハウ営業」に走って凋落の一途をたどるケースが多いのも又現実なのです。
  • ★又、利用者目線を重視致しておりますので、概ね表記順にトライすることで、HP開設後の基本的なSEOを実施して頂ける構成となっております。
  • ★当ページの「コンセプト」としては「初心者向けメデイア対策の実践」と同時に「事業者団体のネットワークによる相対の人の縁」を大切にして行きたいと思っております。
  • ★なお「基本理念」の「利用者目線」で見ると、解説サイトに表記される「中級者向用語」にたどりつくまでに「挫折する」方々がほとんどで「弊社のこだわり」としては「現場体験の蓄積」と「EUC」(エンドユーザーコンピューティング)的視点が大切と考えております。
  • ★又「働く」ということは「大和言葉」では「ハタを楽にする」という意味を表すそうで、「射幸心(損得勘定)をあおる"引き込み表記"が重要だとは考えておりません。
  • ★上記の「考え方」が基本なので、所々その旨の「コメント」が入るかと思いますが、この点ご勘容下さい。

  • ★なお、当サイトは「解説専門サイト」ではありませんので、「入口の基本解説」を中心とし、体感的に最も解りやすい【リンクサイト】の挿入と【掲示板】のQ&Aによる説明を使用致しております。...(ΘΘ)ゞ

【インターネット超基本用語】★通読すると「ネット上に飛び交う用語」の基本的意味が理解できるかと思います。
【SEOの基本的意味】※上記の後、右の「定番用語サイト」にトライして見て下さい。【IT用語辞典】
【検索エンジンの使い方】
★動画サイトで「超基本用語」中のフレーズで検索しても、かなりヒットします。
【SEOの王道/鈴木将司】 ★シリーズ全編のご視聴をお勧め致します。
【アクセスアップ解説サイト】 ★超初心者向けのお勧め解説サイトです。



★アクセス回数の多い動画に「貴社向けのカテゴリ検索」で「コピー」を貼るのも効果が高いです。(ex:爆笑)

★ネット媒体活用の基礎知識Ⅱ(inside)

「insid(HP側)」で大切な要素は、「デザインや色彩心理」という専門家の方も多いのですが。
★当社の考え方は、経験的に「ブログ」と「看板・名刺系HP」の中間位の「フレンドリー」な構成がベストかと思っています。
★あくまでも、当社の「メディアポリシー」からの感想ですが、個人事業所や中小企業系HPの中には、「挨拶名刺代わり」の「作りっぱなし」というものも多々あるような感じが致します。...(ΘΘ)ゞ

★「inside」要素で最も大切な原則。
1.末尾のSEO対策とは、対極のスタンスですが、HP全体に「基本理念」や「誠実・丁寧・迅速」な仕事内容が見えることです。
2.業種によって、多少差がありますが、更新の頻度と内容が、次に大切な要素です。
3.大手・中堅どころは、専門の担当者をおいて管理運営をさせるほど、取り組み方次第で「相当なコストパフォーマンス」となります。
4.その次が、やはり「デザイン構成や用語の配置」でしょうか。ソース記述のTOP辺りに、業種別人気検索語を多用しているサイトも多く見られます。


【SEO対策inside要素】

★ランクアップのための用語集

【ネット広告用語集】 ★「体感的」に最もわかりやすい」用語集です。
 1.インターネット広告の種類を表す用語集
 2.インターネット広告の効果を表す用語集
 3.インターネット広告の出稿に必要な用語集
 4.ウェブマーケッティング全般に関わる用語集
★上記の各ページの下段が「アイウエオ」順の用語集で「日本語対比表記」なので初心者向です。
★「掲載形態で見る」をクリックするとさらに解りやすいと思います。

★メディアリンクの定番SNS&口コミサイト。

★メデイアリンクのキーワードは「知り合い&口コミ」だと思います。
★貴社のサイトに【SNSサイト】の「アイコン&バナー」などを貼っていきます。
★弊社のスタンスとしては、基本的に「貴社サイトの開設」をお勧め致します。
※ツイッター&公式ナビサイト Twitter
※「口コミ団体予約」で「超割引を可能にする」システムです。 Groupon
※Facebook登録の公式ガイトサイトです。 FaceBook
※日本型SNSサイトの定番です。 Mixi

★検索サイト登録・リスティング広告・アフリエイト・ASP他、「ネットメディア広告必須」の便利サイト集


  • 【千客万来.com】※検索エンジン一括登録(無料/登録したいURLをコピペで貼ります。)
  • 【listing一括登録】※主要検索エンジンに一括登録されます。
  • 【Yahoo登録ガイド】※有料・無料は選択できます。
  • 【Google登録フォーム】画面の文字を入力後、登録ボタンクリックで完了です。

  • 【Yahooリスティンク】「貴社のキーワード広告」が「検索語」に近い場合、検索者の頁に表示されるものです。
  • 【Google ads】※同上/いきなり「規約同意画面」に飛びます。
  • 【JListing ads】同上※上記リスティング広告の一括登録サイトです。

  • 【楽天アフリエイト】※「アフリエイトの仕組み」から登録まで「わかりやすい解説付き」の定番サイトです。
  • 【Amazonアフリエイト】※同上...(ΘΘ)
  • 【オーバーチュア】「ASP」の定番代行サイト。ネット広告のメニューがいろいろ選べます。
  • 【バリューコマース】※「ASP」の老舗代行サイト。課金方式や検索連動型などMENUが豊富です。

  • 【You tube ads】YouTube動画の「キーワード表示」登録頁です。(希望動画選択がポイントです。)
  • 【YouTubeマイチャンネル開設】Googleの「アカウント作成画面」から入りますが、取得済の方はログイン後、設定画面などで「マイチャンネル」の編集等にお進み下さい。

  • 【大人気ランキング】※人気ランキングサイトの「ビジネスカテゴリ」です。サンプルなので「貴社の傾向」にマッチするサイトに登録をするのがポイントです。
  • 【簡単相互リンク】※自動で、相互リンクを生成してくれる便利サイトです。
  • 【トラックバックセンター】「トラックバック」(貴方の記事を引用させて頂きましたということを引用先に通知すること)で、相互のアクセスアップを図るための「自動通知サイト」です。
  • 【メールマガジン一括登録配信ツイト】※ご自身の契約サーバー中に「自動配信などのMENU」がある場合は、そちらの方がお得です。

  • ★「アクセスアップ」のための「流れを網羅するリンク集」は意外と少ないので、トライしてみて下さい。
    ★尚どうしても面倒くさいという方は、当社スタッフが「全て代行させて頂く」という方法も有りますが、 ご自身でトライすれば当然コストはかかりません。

★メディア広告便利ツール集